FC2ブログ

記事一覧

タイムマインド(エピローグ)

 ──誕生日おめでとう。
 お父さんはそう言いながら、背中に隠していたものを見せてくれた。サッカーボールだった。
 ありがとう、と僕は素直によろこんだ。
 ──サッカーやりたいって言ってたものね。よかったね、舜也(しゅんや)。
 お母さんがテーブルの上にケーキを置く。
 僕はボールを抱きしめた。ねぇ、外で遊んできていい?
 ──もう夕方よ、明日にしなさい。
 ──いいじゃないか、ちょっとくらい。
 お父さんはいつも僕の味方だ。
 お母さんが深いため息をついた。
 ──じゃあ、少しだけよ。暗くなったら、すぐに帰ってきなさい。公園以外には行っちゃだめよ。
 お母さんはすぐに「だめ、だめ」と言う。わかってるって、と、僕は舌を出した。
 マンションを出て、公園に行った。そこにはジャングルジムやゾウさんのすべり台、ブランコがあるけど、すでにどれも使われている。みんなお母さんといっしょに来ていて、とても楽しそうだ。
 ボールを地面に落とす。はずんだ。なんだかくすぐったいような、うれしいような気持ちになった。
 ちょんとボールをける。ころころと転がる。僕は必死にそれを追いかけた。ちょん、ころころ。ちょん、ころころ。
 すると、誰かに肩をたたかれた。僕はびっくりして、わっ! と叫んでしまった。
 ──何よ、幽霊が出たみたいな顔をして。
 一週間前にデパートで会った女の子だった。僕を見て逃げていった女の子。たしか、お母さんに「あゆほ」と呼ばれていた。
 女の子はあごに左手をあて、こう言った。
 ──思ったんだけどさぁ。何もあたしが逃げる必要はなかったんだよね。
 ──え?
 僕は聞き返した。
 だからぁ、と、女の子は気分の悪そうな顔になった。
 ──あたしは、あんたに首をしめられたんだからね。あたしはヒガイシャなの。わかった?
 首をしめられた? ヒガイシャ? いったい何を言っているのだろう。ちんぷんかんぷんだ。
 だけど、これ以上この女の子を怒らせないためには、うなずくのが一番だ、と僕は思った。
 ──うん、わかった。
 ──じゃあ、謝りなさいよ。首をしめたりしてごめんなさいって。あゆほ様、すみませんでしたって。
 ──首をしめて、ごめんなさい。あゆほ様、すみません……でした。
 ──よろしい。
 女の子はニコッと笑った。
 ──ゆるしてあげるから、遊ぼ。
 僕はボールを女の子に渡した。女の子はボールを蹴りながら、
 ――名前は?
 舜也、新垣舜也、と僕は答えた。……えっと、君は、あゆほっていうんだよね?
 ──今回はね。
 ──え?
 ──まだわからない? あたしが言ってること。
 ──うん。
 ──マジで……。まっ、いいか。そのうち思い出してよ。
 ──何を?
 女の子は僕の質問には答えず、
 ──握手しよ。再会の握手。
 僕たちは手をとりあった。なつかしい感触がした。
 そのとき、女の子の背後をきらきらと輝く蝶がよこぎった。

   *

四百字詰原稿用紙に換算して七百枚近くある長編でした。
お読みくださり、ありがとうございました。


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント