FC2ブログ

記事一覧

二月


Autumn Leaves - Sarah Vaughan



だが本当の旅人とは、ただ出発のために出発する
人々だけだ。心は軽く気球にも似て
その宿命の手から離れることはついになく
なぜとも知らずに、いつも言うのだ、行こう! と(シャルル・ボードレール『悪の華』一八六一年版――再版――末尾に収められた「旅」の一節。安藤元雄訳、集英社)

   *

駅前の自転車置き場は妙に色あざやかな文脈でつづられている。音楽的だ、ともおもう。
鳥たちは、おたがいにその来歴を尊重しあいながらも、どこかせわしなくさえずりやはばたきを転写し複写しつづけている。
いつからだろう。なんでも仕草にまぎれこませてしまうようになったのは。それでいて、どうにもこうにもいきづまってしまう。なじめないことにも、なじむことができない。

   *

グーチョキパーなら断然パーだ。それだけでなにかの比喩になってしまうのだから。




スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント