FC2ブログ

記事一覧

一月(金魚鉢あるいはWaiting for the Birds)


Brigitte Fontaine - Prohibition (clip officiel)



ぼくは二階部屋から金魚鉢を落とした。あたっても、あたらなくてもいい、といった軽い感じで狙ってみると十中八九、あたるものだ。
金魚鉢はものの見事に彼の脳天を直撃した。
かとおもったが、だめだった。彼はびくともしなかった。
腹がたった。
無性に腹がたった。
威勢のいい金魚を威勢よく口に放る。
――関係のないことをいっていい?
いいよ。ぼくはうなずいた。
――鳥の耳には耳たぶの軟骨がなくて、そのかわり、羽のしたにちいさな穴が隠れているんだって。

(空が消えた日、
空があったところには
鳥が巣をつくる。)

抱擁というのは、どこかおたがいの地軸のずれを確認するようなものだ。えんえんとゆれつづけるこもれびのなかで、ぼくは、まるでしらないひとの名前を発音するように月の名前を「くん」づけで発音した。呼ぶこともなく、呼んだ。




スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント