FC2ブログ

記事一覧

Untitled(絵・ひがしもとしろう)

Untitled(絵・ひがしもとしろう)



私はグランドピアノにカメラを向ける。
すると、なんの感受性もない亡霊の被写体が、
未知の経験のみでピアノを弾き始める。
まちなかの鳩たちのはばたきはつぎつぎに音符に変わり、
さびしい群衆の流れはいつまでも互いの存在を確かめ合えずにいる。
種子のない言伝を、
たとえば長雨に寄り添いながら誰かに届けたい。




スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント