FC2ブログ

記事一覧

馬はしずかに(絵・ひがしもとしろう)

馬はしずかに(絵・ひがしもとしろう)



冬の散歩道は時折
喉の渇きを敵意にかえて歩く。だから、

倦んだ国境にサボテンの鉢をひとつ置いて
負傷した騎士の右腕が水辺の向こうにたたずむたてがみをかくまう

絶え間なく鳴り響く湖のさざなみ
そのしらべが、ふるぼけた艀をなだめるのを
馬はしずかに見つめている

馬は、いったいだれの暗譜を祈るのか
風が落ち葉や砂埃をまきあげて
そのなかからいくつかサボテンの
日付が見つかればいい




スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント