FC2ブログ

記事一覧

タイムマインド(愛美編)(2)

「愛美の愛しき人は、果たしてボール持つことができるんかねぇ。心配、心配」
 美歩の投げやりな言葉を聞き流して、私は声を張り上げた。
「がんばって!」
「今さらがんばっても時間には勝てませんけどね」
 同じサッカー部の部員だとは思えない友だちの台詞に、私はむっとなった。が、すぐにため息に変わる。目当ての近野君に少しでも近づこうとして部に入った美歩には、何を言ったってむだだ。
 そんなことよりも、試合に集中、集中。私は気を取り直してフィールドに目を向けた。
 ボールは敵が持っていた。二点差のビハインドに、近野君ですら諦めの雰囲気を漂わせていた。相手はボールをゆっくりと仲間内でまわしはじめた。審判も腕時計で残り時間を確認している。ロスタイムを入れても、もうわずかだろう。点を入れられるまでは元気よく声援を送っていた女の子たちは、ほぼ全員、雑談に興じていた。
 敵のミッドフィルダーが右のスペースにロングパスを出した。それにフォワードが反応して追いかけ、勢いのついたボールをうまくおなかでトラップした。逆サイドに相手チームの十番が走り込んできている。フリーだった。センタリングを上げられたら万事休すである。ボールを持っているフォワードはいったん踏みとどまり、大きく足を振り上げた。
 そのとき、後ろから惣ちゃんがくらいついてきた。必死に足を伸ばす。相手はぎょっとして、振り上げていた足は中途半端な振り子となった。ボールは高く上がらず、惣ちゃんの足首にあたった。こぼれたボールを幸運にも味方が拾った。
「おい、こっちだ!」
 近野君のまだそんなに声変わりしていない声が聞こえた。
 味方から近野君に長いグランダー気味のパスが渡った。カウンターだ。虚を衝かれた敵チームのディフェンダーが大慌てで下がっていく。雑談にふけっていた女子たちは、いつの間にか黙ってフィールドに視線を向けていた。
「近野君、行っちゃえー!」
 美歩は片手を上げて叫んだ。それに端を発して周囲から声援が送り出される。ここ一番の盛り上がりとなった。
 近野君はペナルティエリアまで独走していった。彼の独壇場だ。相手キーパーが前に出てきた。すぐ後ろにはディフェンダーも戻ってきている。近野君はボールをちょこんと横に転がすと、狙いすまして踵を振り上げた。と、そこに相手ディフェンダーが足を出しながら、近野君のユニフォームを引っ張る。近野君はややぐらついたが、ボールをしっかりと蹴った。目の前に迫っていたキーパーの太ももにあたり、軌道をはずれたボールはゴールラインを出た。
 審判はコーナーキックを告げた。するとブーイングが巻き起こった。私も、ユニフォームを引っ張ったところはファールでもいいではないか、と思う。「ピーケー、ピーケー」とみんなは手拍子して反論した。五十人近い応援席からのヤジにも、小柄な審判は動揺しない。近野君は悔しそうな表情でコーナーアークまで行った。
 ゴール前には敵味方が渾然と入り乱れている。笛が鳴り、近野君が手を上げる。お願い、誰か決めて、と得点を願う女の子の声がした。雲が動き、グラウンドがいっそうの光に照らされた。
 ボールが弧を描いてゴール前に落ちる。何人かの選手が肩で競り合いながら飛び上がった。私の両手にも力がこもった。
 ボールは選手たちの頭上を越えて後方にそれていく。諦めの雰囲気が漂ったそのときだった。ごった返しているゴール前から誰かが抜け出してきた。
 惣ちゃんだ。ボールが地面に落ちてバウンドした。惣ちゃんはそのボール目がけて頭から飛び込んだ。敵の一人が、くいとめようと横から惣ちゃんにぶつかってくる。
 ふいに音が聞こえなくなった。私には目の前の光景がスローモーションのように見えた。相手に突き飛ばされながらもヘディングする惣ちゃん。懸命に片手を伸ばすキーパー。ほかの選手たちは状況を見守っている。まるで映画のワンシーンだった。
 ボールがゴールポストにはじかれたところで、私ははっとなった。あちこちから落胆の声が漏れた。試合終了のホイッスルが鳴り響いた。
「あーあ、惣次君、せっかく英雄になれるチャンスだったのに……」
 美歩は残念がるというよりもバカだなぁと言いたそうな口調だった。
「そうそう、帰りにパフェおごってよね」
「はいはい、わかりました。おごらせていただきます」
「素直でよろしい。ほっほっほ」
 ちょっと……だいじょうぶかな。かすれた声が近くから聞こえた。その女の子は心配そうに眉を下げ、グラウンドを見つめていた。ゴール前に選手が集まっている。教師たちも慌てて駆けつけている。人垣のせいで何が起こっているのか、よくわからない。次第にまわりがざわざわとしてきた。
 私は不安になった。悪い予感がする。
「おーい、誰か。職員室に行って伝えてくれ! 至急、救急車を呼んでくれってな!」
 顧問の先生がそう叫んだ。
「早く! 早くしろ!」
 みんながお互いに顔を見合わせている。私も体が硬くなって、動こうにも動けない。何人かがうろたえながら校舎に向かっていった。
「たしか、惣次君と相手チームの人が、ぶつかったよね」
 美歩も今ばかりは不安な表情をしていた。
 人垣が割れて、一人の選手が先生に支えられて出てきた。惣ちゃんと激しく接触した人だ。頭を押さえて痛みに顔をゆがめていた。
 ──惣ちゃんは?
 惣ちゃんは、どうしたのだろう。私はカチカチの体を無理やり動かして、駆け足でゴールのところに向かった。愛美! 美歩が呼び止めようとするが、無視した。
 地面に横たわった惣ちゃんが見えた。審判が何やら話しかけている。しかし、惣ちゃんは揺さぶられるまま、ぐったりとしている。
 私は信じたくなかった。幼児のように首を振って、現実にイヤイヤをした。血相を変えて怒鳴り散らす先生も、絶句して身動きとれない選手たちも、遠くでざわつく女の子たちも、何もかも、嘘だ。すべてが空々しい。
 ぴくりともしない惣ちゃんに、私は恐怖を感じた。
 ──息してるの? まったくもう、ふざけないでよ。目を開けてよ。ねぇ、惣ちゃん。怒るよ、私。
 心臓が早鐘を打つ。全身が小刻みにふるえ、立っていられなくなり、膝から崩れた。でも、どういうわけか、頭の中はひんやりとしていて冷静だった。こんな思いがけない事態だというのに、私が救急車に付き添ってはだめだろうか? 先生を押しのけてでも救急車に乗ってやろうか? などと考えていた。
 とにかく惣ちゃんのそばにいたい、惣ちゃんから離れたくなかった。




スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント