FC2ブログ

記事一覧

群衆(10)(絵・ひがしもとしろう)

群衆(10)(絵・ひがしもとしろう)



 幼かった日のように……。
 ピエロが指揮をとる。
 幼かった日のように、思い出せそうで思い出せない……幼かった日のように……幼かった日のように、忘れそうで忘れられない……幼かった日のように……幼かった日のように……幼かった日のように、すべては遠く、美しい……。
 私は、疲れて縮こまった脳みそから、今日という日が、いったいどんな日だったか、今日という日に、いったい何があったのか、できるだけ忠実に記憶を引き出そうとしたが、何一つとして思い出せない。昨日のことも、一昨日のことも、何もよみがえってこない。
 幼かった日のように、また幼い日が来る! ピエロが拳を突き上げ、叫ぶ。
 幼かった日のように、また幼い日が来る! 私たちもピエロの動作をまねながら繰り返す。
 幼かった日のように、また幼い日が来る!
 私たち群衆は、繰り返す。何度も、何度も、何度も。
 また幼い日が来る!
 また幼い日が来る!
 また幼い日が……。




スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント