FC2ブログ

記事一覧

九月

はじめて金縛りにあった。
重く、
のしかかられた。
しりあいに電話してきくと、
やっぱり、そうだった。
とっさにはことばがでなかった。

   *

風がふいたかとおもえばすぐにやんでしまう。
地球の断面をよぎる鳥の影や、曼珠沙華のあやしいかがやき。
あの、アンリ・カルティエ=ブレッソンの「サン=ラザールの駅裏」とか。
おもいだされるものはすべて決定的瞬間でしかない。

   *

(だからこそ、わすれもののように心臓を泣かせたい)

   *

かなしいまでに空が晴れてしまったので、
ドロップ缶をふっても、
もう、なにもおちてこない。
一日いちにち、規則ただしく、
かくじつに、
てのひらからこぼれていってしまうなにかが……。
複眼であれば涙をながさなくてもいいのだとじぶんにいいきかす。
複眼は眼球ではないのだから、しめらせておく必要はないのだと。

   *

鳥は、うたういきものだから。
規則ただしく、かくじつに、

うたういきものだから。

   *

もうすぐあなたの命日だ。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント