FC2ブログ

記事一覧

ふとしたはずみで


「潮騒静夜」スターダスト☆レビュー【MV】



ベランダにでるとふいに目があってしまった。おたがいがおたがいに、にこやかにほほえんで会釈しあった。日ざしがまぶしく、風がつよかった。洗濯物は、まるでなにかの付箋のようだった。黒縁メガネ、ひまわりのサンダル、すこしくたびれたTシャツ……。二日後、近所のスーパーで見かけたとき、ふたりは「もうすでにはじまっているのだ」とおもった。買い物帰り。きれいなまちだと彼はいい、彼女はだまってうなずいた。なんの告白もなく、了解もなかった。気がつけば湖畔のカフェでお茶をし、つかのまのドライブをたのしんでいた。気になったギャラリーにたちよったり、かないそうもないゆめを語りあったりしながらも、つねに胸の奥底にある波打ち際では日付入りの鍵をさがすふたりだった。どちらにも、こまったときは眉をひそめるくせがあって、決まってどちらかが見て見ぬふりをしなければならなかった。かんじんなことになればなるほどそこから目をそむけてしまう。料理も音楽も歩幅もぴったりなのに、生活だけがちがう。最初からわかりきっていた、ふとしたはずみで出会ってしまったばかりに、ふとしたはずみで別れなければならないのだと。なんの記念日もむかえないうちに、きれいなまちだと彼はいい、彼女はだまってうなずいた。




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント