FC2ブログ

記事一覧

静けさの復習(59)

 するといきなりこいびとに頬をはたかれた。ぼくは、ああきっとハエのときの恨みだと思った。ああ、そうか、彼女はずっと恨んでいたんだ。ぼくが忘れるのを、このときを待っていたんだ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント