FC2ブログ

記事一覧

静けさの復習(39)

(つめたいゆうぐれ。ようやく流木の岸にたどり着いた幽霊たちの方向性は、躊躇なく、またその自覚もなく、そのままクラゲとなって沖を目指す。沖になにがあるのか。きっとなにもないのだと知りながら)
――きれいだよ、ほんとうにきれいだ。
――でも、きれいなものは、醜いよ。



スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント