FC2ブログ

記事一覧

静けさの復習(32)

 真夜中の浴室は、かえってその温かさのために吐く吐息さえもせつない。まどろみたくてもまどろむことのできないせつなさをともないながら、ぼくはゆっくりと目を閉じる。


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント