FC2ブログ

記事一覧

静けさの復習(10)




 横断歩道のてまえにブレーキ痕はあったが肝心の車はなかった。悪質なひき逃げだった。しかし、ぼくたちは警察に届け出るのをやめた。そんなことよりもまずぼくたちはぼくたち自身のことを考えなければならなかった。ぼくたちはいったいなにものなのか。ぼくたちはどこへ向かっていたのか。そしてぼくたちに帰る場所はあるのか。
 ただひとつ、はっきりしているのは愛、ぼくたちには愛だけがあった。




スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント