FC2ブログ

記事一覧

君という花


ASIAN KUNG-FU GENERATION 『君という花』



きみはそこに咲いていた
きみがそこに咲いているだけで
ぼくはうれしい
日差しはやさしくふりそそぎ
葉擦れの音も心地いい
もし歌をうたうことができたら
もし手紙を書くことができたら
それでもきみがいることは
ほんとうにすばらしい

きみはそこに咲いていた
きみがそこに咲いているだけで
ぼくはほこらしい
いつまでもきみの横顔を見ていよう
どこまでもきみのことを思っていよう
つめたい雨にうたれても
いくら靴でふまれても
それでもきみがいることは
ほんとうにすばらしい

きみはそこに咲いていた
きみがそこに咲いているだけで
ぼくはしあわせだった
きみがほほえむだけで
ぼくはしあわせだった

(きみにだれか好きなひとがいれば
もっと もっと しあわせだろう)

それでも
一瞬でも風向きが変わって
きみがふりむいてくれたら
どんなにすてきだろう
ぼくもまた、
ここに咲いているのだと



君という花





スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント