FC2ブログ

記事一覧

御伽の国

御伽の国1



私のメルヘンは近所のコインランドリーにあります

自動ドアを抜けるとそこはもう霧深い森のなかです

湖のほとりに長いベンチがあってあなたが座っています

あなたは軽く背中をまるめて脚を組み静かに本を読んでいます

空気がとってもおいしいので魚さんたちが空中をお散歩しています

秋のやわらかな日差しが木々の間からこぼれアゲハ蝶が群舞しています

(ああ まぶしすぎる真昼のメルヘンです)

この世界の若者は私とあなた二人だけになってしまいました

(静寂が少し痛いけれど)

街はクモの巣におおわれカラスたちについばまれてしまいました

(私はしがない童話作家です)

一瞬 あなたの手が水かきのように見えて

私は声を上げて泣きたくなるのです



御伽の国2


御伽の国3



スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント