FC2ブログ

記事一覧

After Memories ――菜の花の頃―― (船井淑子作品「菜の花の頃」へのオマージュ)

本のページをめくるたびに、きのうよりもはるか遠くに過ぎ去るなにかがあって、わたしはそれを過去とは呼べない   *ゆうぐれの窓辺でうとうとしていると菜の花の黄色がふいに風に舞い上がりまるでせつない蝶の羽ばたきだった(机の上の、見覚えのある便箋や万年筆、なつかしい老眼鏡……)いつのまにか母が目の前で本を読んでいて、行と行、ページとページをさまよう視線はあまりにもふたしかでもうすこしだけ長く、このひとを抱...

続きを読む