FC2ブログ

記事一覧

Blue Memories (2) ――フナイタケヒコ作品「シリーズ Blue Drawing 」へのオマージュ――

――空の海と書くんだ、お坊さんじゃないよあなたはその犬を「そらうみさん」と呼んだ   *わたしたちよりも早起きで、わたしよりもまっさきにあなたの胸もとに飛び込んでしまうその犬を、わたしは決して「そらうみさん」とは呼ばなかった凛々しいまゆげをしているくせに、蟻の群れやはじけた石榴におびえたりかと思えばむきだしの脚力で坂道を駆け上がってみたりときどき風にうたうひとのように、空の青さ、海の青さに目を細めた...

続きを読む

Blue Memories (1) ――フナイタケヒコ作品「シリーズ Blue Drawing 」へのオマージュ――

いつか観覧車のなかで見た、真昼の月あのときの月がいま、欄干の下でゆれている幾羽もの鳥があおぞらを横切っていて、鳥は、そのさえずりの遠さをぼくたちの抱擁に捧げるのだと、あなたはそういって、わたしを抱きしめた、はずだったコーヒーカップや回転ブランコ、まだ、だれのものでもない回転木馬子どもの手からはなれた風船、ベンチの上に忘れられたビニール傘……風のなかをしずかにながれる光の粒子さえも、まるで抱擁そのもの...

続きを読む