FC2ブログ

記事一覧

響けよ、愛しのブンガク(二十/最終話)

       二十「これから死のうと思ってまちゅ。でも、一人じゃ、嫌でちゅ。お願いでしゅから、一緒に死んでくだちゃい」 ブンガクは赤ちゃん言葉で話す。「きみならぼくの苦しみをわかってくれると思ったんでちゅ。だから電話したんでちゅ」 一拍置いて、「山崎冨栄になってくだちゃい」 と言う。 わたしはため息を漏らす。再会とはこんなにふざけたものであっていいのか。「で、今どこにいるのよ?」「山の麓。公衆電話...

続きを読む

響けよ、愛しのブンガク(十九)

       十九 空港で千明を見送って……ブンガクがいなくなって……猫を引き取って……。 五年――五年も経ったのだ。 あの日、わたしはブンガクを痛めるだけ痛めつけた。そしてその翌週に、こっそり様子を見に行ってみると、橋の下の、黄色いぼろぼろのテントはきれいさっぱり撤去されていた。ブンガクの姿もどこかへ消えてしまっていた。 死ね。そうつぶやいて、足もとの小石を蹴ったのだ。 その後、わたしはブンガクの存在し...

続きを読む

響けよ、愛しのブンガク(十八)

       十八 結婚なんて、大方愛をなくしたカップルのためにあるんだって思ったり、いまどきそんな大層なものじゃなくて文化祭みたいなものだって軽蔑視したりしてたんだけど……えへへ、このたびあたしは、あたしたちは、結婚することになりました。ピース。 千明からの手紙は毎回、唐突だ。心臓に悪い。 前回は、千明が旅先で――たしかチェルシーというサッカークラブの試合を観戦しているときに――日本人男性と知り合った...

続きを読む

響けよ、愛しのブンガク(十七)

       十七「ぼくの内側の、深い淋しい闇の部分の一角に、灯台が建っている」 一昨日のことなどなんとも思っていないのだろうか。ブンガクの口調は軽やかだ。「その灯台は、ぼくの無意識を一瞬一瞬、間欠的に照らしてくれる。そしてその一瞬一瞬は、日本刀を抜刀するがごとく、鋭い。ぼくはそれを見逃すわけにはいかないのだ」 言っていることがちっとも理解できない。 川。 わたしたちは石段に腰かけて、目の前に流れ...

続きを読む

響けよ、愛しのブンガク(十六)

       十六「ぎんーっ」 はたちはそう言いながら大手を広げて、わたしの到着を歓迎する。「ぎんーっ。会いたかったぞお」 待ち合わせ場所である駅前広場。そこの噴水の縁に乗って声を張り上げている。「ぎんーっ。おれ、ぎんとのデートが楽しみで昨日から一睡もしていないんだぞ。すげえだろ!」 バカ丸出し。わたしはほとほと呆れながら、そして少しうつむき気味に、はたちのところへ行った。「ぎんーぎんーって、おば...

続きを読む