FC2ブログ

記事一覧

身の丈にふれる(写真・時本景亮)

(写真・時本景亮)きょうもまた、駅のプラットホームに自生している名無しの権兵衛だれもがうわべのみのあかるさであいさつをかわしながら身の置きどころのない所作をくりかえしているあおむけになったセミや自転車の鍵、ケータイの着信音……ほんとうは行くあてもなく、会いたいひともいない、というのに生命線の長さでもたしかめているのだろうか手のひらをじっと見つめているひとがいるどこかひとごとのようにたたずむひとの群れ...

続きを読む

タイムマインド(愛美編)(5)

       二 あくる日、一時限目は体育だった。となりの三年五組との対抗リレーをするらしく、ほとんどの生徒が顔をしかめた。私もかけっこは苦手な方だから、あまりよろこばしいことではない。 リレーの順番を決め、校庭に整列する。体育教師がおもちゃのピストルを鳴らした。一列目の二人が走り出した。私は列の真ん中にいるが、すでに心臓がどきどきしている。プレッシャーにめっぽう弱いのである。 前列にいる美歩が振...

続きを読む

タイムマインド(愛美編)(4)

 放課後は部活に出た。部活と言っても男子だけが真剣に練習して、女子たちはその姿を顔を上気させて眺めているだけだ。私と二、三人の子しか真面目に取り組んでいない。サッカーが好きな女子なんてめずらしいからしかたがないと言えばしかたがないのだが、せめて試合ができるぐらい集まらないかな、と私はひそかに切望している。惣ちゃんがいたときはちっとも苦にならなかったが、今は究極につまらない。 まだ一年生も入っていな...

続きを読む

タイムマインド(愛美編)(3)

       一 あれから二ヶ月が経った。私は頬杖をついて、はす向かいの惣ちゃんの席を見る。そこに惣ちゃんの姿はない。まだ入院中だと聞かされているだけで、先生は何も言ってくれない。 せっかく二年連続で同じクラスになれたというのに、せっかく最後の中学生活を楽しもうと思っているのに、惣ちゃんは、髪型も顔つきも背丈も何もかも普通の惣ちゃんは、なぜかここにいない。みんなが同じように授業を受けて同じように給...

続きを読む

十一月(「しずかな音楽」)

Bill Evans - Waltz For Debby歩行というのは一見、おだやかなようでいて、じつはつねに「見る」という非人称の語り手を内在している。歩けば歩くほど、対象とのあいだにきしみが生ずるゆえんだ。ジーンズのポケットのなかで車のキーのつめたさをもてあそぶ。しろいカラスが改ざんの文書をくわえている。暗い川を旅する一隻の筏。いつもすでにはじまっていることを、くりかえしている。突然、雨がふりだす。どうかすべての家の窓に...

続きを読む